クラビットとHIV検査で最新の結果を得るべき

 クラビットはクラミジアの治療にも使われる、処方せん医薬品です。細菌による感染症の治療に用いられ、良く効くようです。ただ、クラビットの使用でクラミジアが快方に向かったとしても、気をつけておかなくてはならないことがあります。クラミジアにかかっていると、HIVに感染しやすくなるということです。HIVに感染しても、その後5年から15年間はなんの症状もないことも珍しくありませんので、クラミジアが治癒してもそれですべてよしとせず、感染が考えられる状況があったら、その都度HIV検査を受けるのが望ましいと言えます。感染はいつ起こるかわかりませんから、常に自分の体の最新の情報を知っておくことが大事です。
 HIV検査で感染を早期に発見できれば、抗HIV薬による治療で、病気の進行を抑制できます。HIVウィルスは免疫細胞を損ないますが、急激にそれをなすわけではありません。蜂に刺された際などに起こるアナフィラキシーショックなどと違い、対処できる期間がかなりあります。HIVウィルスはじわじわと時間をかけて免疫細胞を破壊していきますから、それに対抗して免疫細胞の破壊を食い止めていけば、免疫の低下はそれなりに防げます。免疫が下がり切って、病原菌にあらがう術がもはやなくなったエイズの状態にならなければいいわけです。そうするための薬の開発は、日進月歩の状態です。エイズという病が出現したとき、それは死を意味するものでした。しかし、わずかの間に薬がどんどん開発され、HIVに感染することは、決して致命的なことではなくなりました。感染初期から薬の内服による治療を続ければ、エイズの発症を食い止めることができます。それゆえ、早期発見がなによりも大事となるわけです。