梅毒やHIV検査の診察内容とは

最近体の調子がおかしい、自分は性病に感染していないだろうかなど不安に感じた場合には、HIV検査や梅毒の検査を受けてみることをおすすめします。
不安を抱えたまま毎日を過ごすよりも、しっかりと検査をして安心できれば、精神的にも楽になりますし、検査で陽性だった場合にも、適切な治療を行うことで発症を抑えたり、感染を防ぐことができます。

病院で検査をする場合には、病院へ行って検査の依頼をすれば、HIVや梅毒などの性病検査をしてもらうことができます。
泌尿器科、産婦人科、小児科、皮膚科などで検査が可能ですが、一般的には男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科が一般的です。
病院での検査には、検査料のほか、初診料や診察料がかかり、症状がない段階では保険は適用されませんから注意が必要です。
ただ、もし性病に感染していた場合には、そのまま病院で治療を受けることができるため、メリットがあります。

保健所で検査を受ける場合は、基本的には検査料は無料で、匿名での検査も可能となっています。
ただすべての性病の検査項目があるわけではなく、保健所によって検査が行われている日程も異なりますから、事前に確認しておく方がよいでしょう。
保健所で受けるメリットは、無料で受けることができ、匿名で検査を受けることができる点があげられます。

また最近主流になっている検査キットは、器具を使って自分で血液や粘膜の一部を採取し、検査機関へ送ると結果が通知されます。
検査キットは、わざわざ病院や保健所へいく必要もなく、誰にも知られずに安く検査をしたいという人にはおすすめの検査方法です。
性病が気になる人は、自分の都合に合わせた検査方法を選び、結果をきちんと知ることが大切です。